サンケアの常識

作成 by サンケア - -

朝でのスキンケアは、UVケアまでの1セットをサンケアの常識と心得ましょう。

シミだけでなく、乾燥やシワ、たるみの原因にもなってしまうのが紫外線です。

しかも紫外線ダメージは蓄積するため、ほんのちょっとの油断が、後々の肌トラブルにつながります。

例えば、朝のゴミ出しや洗濯物を干すためにちょっとベランダへ・・・・というときにも、紫外線はジワジワと肌に刺激を与えながらそのダメージを蓄えます。

ですから、サンケアは、朝の洗顔後のスキンケアと1セットと考えて、習慣づける事が大切です。

メイク直しも、サンケアの常識

また、ファンデーションが汗や皮脂でくずれてしまうように、UVケアの化粧品も、時間がたつにつれ、汗で流れたり、皮脂でムラになったりしますから、UVケアのメイク直しも、サンケアの常識です。

ぬりムラがあると、紫外線カット効果も落ちてお肌の焼けムラが生じますから、まんべんなく塗るようにしましょう。

日やけ止めは、乳液タイプやジェルタイプが多く、ぬってしまうとムラづきかどうか分からないため、ぬる場合は丁寧に、が鉄則です。

日やけ止めクリームには、必ずSPFとPAの数値が記されています。

サンけあは、毎日行うのが望ましいですが、毎日数値の高いものをつける必要はありません。

紫外線防止効果が高いものは、肌への負担も高くなってしまいがちなので、日常生活ではSPF15〜25程度のもので十分だといわれています。

そして、屋外やレジャーなどに出かける場合は、レジャー対応のUVカット効果の高いアイテムで、しっかり防御する事です。

またUVケアアイテムは油性なので、落とすときはクレンジング剤を使いましょう。

ボディ用でもSPF値が高い、ウオータープルーフタイプには専用のクレンジング剤がおすすめです。

希少成分をギュッっと濃縮!!多機能保湿液 elua美容液(エルア)60ml【ヒゴeショップ】


ノンケミカルの多機能ミネラルCCクリーム

紫外線をカットし、スキンケアしながらメイクアップ効果を一本で叶えます。

肌の気になる箇所や毛穴をしっかりとカバーし、内側からあふれるような輝きを演出し、これ一本で、ラグジュアリーな使用感と透明感のある肌を実現します!

デリケートなお肌への負担を考えて《5つのフリーを実現》、紫外線吸収剤不使用・鉱物油不使用・合成香料不使用・タール色素不使用・パラベン不使用。

日焼け止め効果 SPF50+ PA++++


BB&CCクリーム

これ一本で7役のオールインワンファンデーションができます。

BB&CCクリームは、これ1つで、クリーム、美容液、乳液、コンシーラー、ファンデーション、メイク下地、日焼け止め(SPF35・PA+++)の7つの役割を果たします。

毎朝のベースメイクの時間を減らしたい。ベースメイクが苦手でうまくできない。そんな方も、たった30秒で大満足のベースメイクが完成です。

日焼け止め効果 SPF35 PA+++


ポーラの美白・ ホワイティシモ

1500万件を超える肌データを元に、日本人女性の肌を研究して作られるポーラのホワイティシモ。

肌をすみずみまでうるおわせ、キメの整った透明感あふれる肌を目指します。


CCクリームパーフェクトフィット

伸縮皮膜成分配合で表情ジワに強く、3種セラミドとコラーゲン配合で潤いを守ります。

気になるシミ、くすみ、色むらをトータルカモフラージュする忙しい現代女性の新しいサポートアイテム【CCクリーム】。

しっかりメークからナチュラルメークへ、日中美容液・ファンデーション。

日焼け止め効果 SPF30 PA+++