日焼け止めクリーム

作成 by サンケア - -

日焼けとは紫外線を皮膚に浴びることにより、皮膚が赤く炎症を起こす症状のことをいいます。

日焼けと日焼け止めクリーム

皮膚の表面にメラニン色素が沈着した状態、これも日焼けといっています。

日焼けが発生するのは、太陽によって紫外線が皮膚に照射されたとき、また紫外線の人工灯を使ったときにその照射が激しかったときに起こります。

メラニンの保護能力が、皮膚に向けられた紫外線から守りきれなかったときに日焼けが起こり、シミとして残ってしまいます。

肌の色が黒い人は、白い人に比べでメラニンの保護能力があるので日焼けしにくいのです。

日焼けが起きる最大の原因はもちろん紫外線です。

 

紫外線の種類

紫外線には種類があって、それは長波長紫外線、中波長紫外線、短波長紫外線の3つなのです。

日焼けの原因である紫外線には、発ガン性物質が含まれているので長時間外にいる際はUV効果のある日焼け止めクリームを付けた方がよいです。

日焼け止めクリームなどを使用すると、肌は紫外線からのダメージを直接受けないですむのです。

日焼けをすると肌がひりひりすることもありますが、日焼け止めクリームはこれも抑えてくれます。

近頃は以前に比べ日焼け止めクリームもずっと伸びがよくスムーズで、肌の感触がいいものが増えているようです。

以前に比べればずっと塗りやすくなっているので、いつも持ち歩いてそのつどぬるようにすることをお勧めします。

 

日焼け止めなら、ドゥーエ UVプロテクトミルク

「2e Baby Plus(ドゥーエ ベビープラス) UVプロテクトミルク 30ml」は、赤ちゃんのデリケートな肌のための低刺激性スキンケア製品です。

安心して使い続けられる確かな品質で、赤ちゃんのすこやかな肌を守る愛情たっぷりのスキンケアをサポートします。

顔に使用する場合、適量を手のひらにとり、顔の5ヶ所に置き、ていねいにのばします。その後、もう一度同量を重ねづけします。

からだに使用する場合、つける場所に直接線をかくように出し、手のひら全体を使って大きく円を描くようになじませます。

 

赤ちゃんの日焼け止め

塗ったところが白く残らず、紫外線や乾燥肌からキチンとお肌を守ります。

SPF20・PA++で、ノンケミカル処方です。