日焼けと皮膚の関係

作成 by サンケア - -

昔のイメージでは日焼けをしている肌は健康的な肌で良いイメージとされていましたが今は違います。

日焼けによる体へのダメージが注目され出し、時には日焼けによって白内障の原因になる場合もあるようです。

日焼けは健康的?

「日焼け」というイメージは、人により様々だと思いますが、人の皮膚にはよくないことも少なからずあります。

紫外線が皮膚に入り込むと、皮膚からはメラニン色素が生まれ出され、皮膚にそのまま侵入させまいとするために起こる現象が、日焼けなのです。

日焼けのせいでしみやしわができると、それは老化につながってしまうので、女性も20代を過ぎると、気をつけなければなりません。

 

紫外線は、お肌の光老化

日焼けをしてしまう状況の中でもただひとついいことは、太陽の光の影響です。

人の体が太陽の光を浴びると、体内ではビタミンDが作られるため、体が元気になっていいといわれるのです。

紫外線を長年にわたって浴び続ければ慢性障害として光老化が起こります。

これは歳をとった後で現れてくる現象で、しわや色素斑しみ、そして皮膚の良性腫瘍、悪性腫瘍などです。

紫外線のせいで皮膚の免疫反応が鈍くなるということも、最近の調べでわかっています。

皮膚の弱い人の中では普通の人では何ら問題ない程度の日光でも色々な皮膚障害症状が出る光線過敏症も紫外線で起こることが多いようです。

このように日焼けには悪い影響を及ぼされるものもあるので、健康になれるくらいの日の浴び方がちょうどいいのでしょう。

 

日焼け止めを過信しない

紫外線対策といえば、日焼け止めクリームですが、これだけでは十分ではありません。

近年、紫外線の害が叫ばれるようになって、紫外線を意識していない人はほとんどいなくなりました。

それでも紫外線対策がきちんとできている人は、女性でもほとんどいないでしょう。

その原因は、おもに「日焼け止め」を過信していることにあります。

「SPF値の高い日焼け止めを塗っていれば安心」 と思う人が多いようですが、それが落とし穴なのです。

日焼け止め下地や日焼け止め乳液を朝一虔塗ったくらいでは、紫外線対策をしたうちに入りません。

塗る量が少なすぎる人が大半です。

肌老化の60%以上は紫外線によるといわれます。

「わかっているけど、つい…」という人が多いのですが、紫外線対策を手薄にしたままで肌のシミを改善しようというのは、天井の雨漏りを直さないで床や壁のシミを消そうとしているようなものです。

 

日焼止め美容液、BBクリーム

女優、田中美奈子プロデュース、潤いたっぷりで、仕上がりの美しさからプロの撮影現場でも使用されています。

フラーレン、EGF、22種類の植物エキス等の美容成分を配合、BBクリーム。

紫外線対策度・SPF23/PA++

美容液、化粧下地、コンシーラ、UVカット、保湿クリーム、ファンデーションの、1本で6役の美容液BBクリーム。

朝、化粧水の後これ1本でメイクが完成☆6役を1本で楽々手軽に女優肌、フラーレン・EGF等の美容成分配合で乾燥知らずのお肌を体感

プロの撮影現場で使用されているので綺麗に魅せる!美容液BBクリーム

 

女優が考えた新提案BBエッセンス

「ダイヤモンドの様な永遠の輝き、毎日の美しさ」をコンセプトに、150回以上の試作を繰り返し完成した、今までにないオールインワンBBエッセンス。

 

日本人の肌に合わせた色合い、使用感

「ダイヤモンドの様な永遠の輝き、毎日の美しさ」をコンセプトに、150回以上の試作を繰り返し完成した、今までにないオールインワンBBエッセンス。

 

BB、モイスチャー、エッセンスで、美のトライアングル効果

BB

コメの細かい日本人の肌を研究

自然な色味、テキスチャー、香りでリラックス効果。ブルガリア産天然ダマスクローズ配合

お肌にやさしく十分なUVカット効果。約7.6時間持続

モイスチャー

8種類のうるおい成分配合。

ダマスク花油、ノバラ油、アルガンオイル、ホホバオイル、ピーナッツ油、ヒアルロン酸Na、スーパーヒアルロン酸、水溶性コラーゲン

エッセンス

お肌をやさしく包む美容成分をたっぷり配合。

フラーレン、EGF、アルブチン、22種類の植物エキス

 

 

BBクリーム、女優 田中美奈子からのコメント

より良い商品を皆様にお届けしたくて、私も長い間化粧品について勉強をしてきました。

何度も何度も試作を重ねて・・・、やっと納得のできる商品が出来上がりました。

働く女性、子育てする女性、忙しくて時間がなくても綺麗でいることを諦めない女性の方々に喜んで頂ける顔が見たくて、私、田中美奈子がプロデュースした化粧品です。